【過払い金】家計の遣り繰りのために大手スーパーのクレジットカードを利用していた高知のKさん(52歳)

Kさんは大手スーパー系列のクレジット会社が発行しているクレジットカードで食料品や日用品などの買い物をしたりキャッシングを利用していました。

Kさんは、ご主人がリストラで解雇されたことからご主人の借金をどうしたらいいだろうかと相談にお見えになりました。

ご主人は借金の額やこれからの収入の目途が立たないことから、破産をせざるを得ない状況でしたが、ご主人の分とは別にKさんのクレジット利用の取引記録を請求してみると利用期間が長かったことから30万円ほど過払いになっていました。

ご主人は破産の手続をとることになり免責決定を受け、Kさんは過払い金を取り戻すことができて,ご主人のリストラで大変なときに助かったと喜ばれていました。

解説


クレジット会社のクレジットカードでキャッシングをしていても過払いにはならないだろう、と思っている方がおられますが、信販系や大手スーパー系のクレジット会社は平成18年~平成20年ころまでは利息制限法を超える金利でのキャッシングがありました。

このようなクレジットカードを利用していた方は、消費者金融のキャッシングと同じように過払いになっている可能性があります。

平成18年~平成20年ころより前から信販系や流通系のクレジットカードを利用しているか、かって利用していた方は過払いになっていたり、債務が減少する可能性があります。

是非一度専門家に相談されることがたいせつです。

 
  • 債務整理 無料相談 受付中!相談 受付 088-820-1080 受付時間:9:00~17:00 土日も対応可(要予約) お気軽にお電話下さい!無料相談の詳細はこちら
  • ページ上部へ戻る