• ホーム
  • 事務所紹介
  • 無料相談
  • サポート料金
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問合せ

任意売却のメリット

任意売却は、抵当権等が設定されている自宅を競売ではなく、抵当権者(金融機関)との調整及び合意に基づき、その不動産の所有者自らの意思で売却する手続きです。

住宅ローンが延滞してくると、金融機関(抵当権者)は住宅ローンを競売で回収しようとすると、競売での売却価額が取引相場より通常3〜4割程度は低くなり費用・期間もかかることから、少しでも多く債権を回収するため任意売却をすることを勧めてきます。結果的に自宅を手放すことになっても任意売却にはメリットがあるのでよく相談をされることが大切です。

普任意売却には次のようなメリットがあります

(1)自分の意思で売却することができる

苦労して手に入れたせっかくの自宅が競売にかけられ知らない誰かに買われるのではなく、自分の意思によって売却を決めることにより、前向きな気持ちのまま人生を再スタートすることができます。

(2)競売よりも高値で売れる可能性が高い

早く任意売却に取り掛かれれば、実際の市場価格により近い金額での売却が可能となります。したがって、より多くの借金を返済できます。

(3)裁判所の執行官などが自宅へ調査に来ることがない

競売手続きでは裁判所の執行官や不動産鑑定士が自宅に来て調査をするので、ご近所に競売のことを知られるおそれがあります。任意売却は一般の不動産売買と同様の販売方法となるので、ご近所に売却理由を知られる心配がありません。

(4)費用の負担がない

不動産仲介手数料などの諸費用は売却代金から充てられるので持ち出しの心配がありません。

(5)売買契約交渉の中で引越し日について相談できる

競売とは違い、突然、新しい落札者が来て急な立ち退きを迫られることはありません。買い主との交渉で引越し日を設定できます。

(6)自宅に住み続けることができる可能性がある

競売では当事者が入札に参加できず、また、身内や知り合いが落札できるかどうかは分かりません。任意売却では身内や知りあいの方に買ってもらって、引き続き賃借していくことも可能になります。

 
  • 債務整理 無料相談 受付中!相談 受付 088-820-1080 受付時間:9:00~17:00 土日も対応可(要予約) お気軽にお電話下さい!無料相談の詳細はこちら
  • ページ上部へ戻る