• ホーム
  • 事務所紹介
  • 無料相談
  • サポート料金
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問合せ

競売とは

競売(けいばい)とは、住宅ローンなどの債務を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物を裁判所が強制的に売却してしまう手続きです。売却されても居座ると強制的に退去させられることもあります。

また、競売になったからといって、借金が帳消しになるわけではありません。
競売の場合は普通に売却するよりも3~4割ほど安い価額で競落されてしまうことがあり、住宅ローンの残額に満たない場合は、その差額が借金として残ってしまいます。

競売に関するよくある誤解

競売で落札されると債務はなくなる?

債務はなくなりません。住宅ローンの残額から競売による売却価格を引いた差額の債務が残ることになり、自宅を失ったうえに返済をしていかないといけなくなります。

競売手続き後に債権者より残債務についての請求がきます。これに応じないと、最悪の場合、給与差押や保証人への請求など、法的処置を取られることもあります。

もちろん住宅ローンの残額より高い金額で売却されれば返済の必要はなくなりますが、競売の場合、市場価格よりも安く競落されることが多いので、ほとんどの場合で債務が残ることになります。

また、固定資産税などの税金を滞納している場合、売却代金が滞納分に充てられるケースはほとんどないので、同様に残ることになります。

競売で落札された場合、引越し費用等は出してもらえる?

原則として引越し費用は出ません。

引越し費用が出ないうえに、引越しの目途が立つ前に買主の都合で家を明け渡さなくてはならない場合もあります。

以上のように、競売は自宅を失った上に、多額の借金が残る「最悪のシナリオ」なのです。

競売を避けるために

競売を避ける方法は主に2つです。

■ひとつは個人再生手続きです。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことで、結果的に住宅ローンの負担を軽減できます。住宅ローン以外の借金返済に追われて、住宅ローンの返済までお金がまわらないという方には大変有効な手段です。

■もうひとつは任意売却です。任意売却とは、自宅等の不動産を所有者自らの意思で売却し、その代金で住宅ローンを返済する方法です。

売却代金で住宅ローンが完済できれば解決しますが、売却代金が住宅ローンの残債務に足りないと返済をしていかなければならなくなります。

競売でも任意売却でも住宅ローンが残ってしまい、返済ができない場合は残っている債務を免責してもらうよう自己破産を検討することになります。自己破産はこちら

任意売却は債権者との協議や連絡調整など煩雑な手続きが求められますが、当事務所にご相談いただければ任意売却の経験豊富な不動産会社をご紹介します。

手続き方針をどうしようか迷ったときは是非ご相談下さい。

 
  • 債務整理 無料相談 受付中!相談 受付 088-820-1080 受付時間:9:00~17:00 土日も対応可(要予約) お気軽にお電話下さい!無料相談の詳細はこちら
  • ページ上部へ戻る