• ホーム
  • 事務所紹介
  • 無料相談
  • サポート料金
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問合せ

競売の回避方法について

競売の回避方法として、債権者との交渉によるリスケジュール、任意売却などの手段が考えられます。

回避方法① 債権者との交渉によるリスケジュール

リスケジュールとは、あなた自身が各債権者(=金融機関)と支払い条件を交渉し、毎月の返済額やボーナス払いの金額、返済期間の変更を行うことをいいます。

これは決して債務の免除ではありません、期間の延長をして毎月の返済金額を減らすことで返済を可能にするだけです。したがって、返済期間が長くなるほど債務(借金)は増加します。

支払条件変更後に滞納した場合、全債務を一括請求される可能性が高いので、交渉時には「無理のない支払金額での交渉」をしましょう。

回避方法② 任意売却

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている人がその融資の返済が困難になった場合に、各金融機関との合意に基づき、対象の不動産を任意に売却処分する手続きです。

住宅など不動産を購入するときに、多くの人は金融機関から融資を受けます。金融機関は融資の担保として、購入した不動産に抵当権等を設定しますが、この不動産を売却するには抵当権を解除(抵当権の抹消)してもらう必要があります。

解除には、融資残額をすべて返済することが前提となるため、融資残額よりも高く売れれば何ら問題はありませんが、下回る金額でしか売れないときには全額の返済ができず、解除されないことになります。

任意売却では、このようなときに、金融機関(抵当権者)の合意を得たうえで不動産を売却し、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権を解除してもらうものです。これは競売の申立てをしないといけないが、少しでも多く債権を回収するために任意売却で対応しようというケースがほとんどです。

任意売却は、一般の流通市場で買い手を探すことになります。

債権者である金融機関には「競売のときよりも、融資金の回収が多く見込める」という、また、債務者には「売却後の残債務の返済に柔軟に対応してもらえる」というメリットがあります。引越し費用などを出してもらえる可能性もあります。

任意売却は、競売のように強制的な手続きではありません。

回避方法③ 住宅ローン特則の民事再生

住宅ローン特則の付いた民事再生は、住宅ローンは払い続けながら、他の借金・債務を大幅に減額して、減額された債務を3年分割で返済していくものです。

他の債務の返済が楽になれば住宅ローンは払っていける目途が立つのであれば、住宅ローン特則の民事再生手続きを検討することになります。返済ができなくなりそうなときは早めに対処するこことが必要です。

個人再生で自宅を残すはこちら>>

 
  • 債務整理 無料相談 受付中!相談 受付 088-820-1080 受付時間:9:00~17:00 土日も対応可(要予約) お気軽にお電話下さい!無料相談の詳細はこちら
  • ページ上部へ戻る